サービス

ご依頼を受けるまでの流れ

STEP1

電話または
メールからの
お問い合わせ
受付

STEP2

現場の住所確認

STEP3

現場及び
整理内容確認後お見積もり

STEP4

合意に至れば
作業日時を決定

STEP5

作業に入り
整理清掃終了後
依頼者に確認

STEP6

料金を集金させて
頂いて終了

遺品整理

遺品整理とはただの”片付け”のことではありません。
故人が遺したものを必要なもの、不必要なものかを遺族の皆様と判断しながら行う業者と残された家族での”共同作業”になります。
かつてはご家族のみで行われていましたが、昨今の核家族化、高齢化の急速な進行により専門業者に依頼されることが増えてきました。

  • 遺族との共同作業
  • 遺品を片付けるだけではなく、供養する
  • 社会情勢の変化によって注目を集めている

一般整理・店舗整理

店舗や事務所の閉店、移転に伴う片付けなどを”店舗整理”といい要らなくなった店舗や事務所の備品や什器などを引き取ったり
大量の不要品もきれいに分別・片付け、適正処理で処分等を行います。

またもう不必要になってしまった物件の整理などを”一般整理”といいます。一般整理は個人の手に負えない物件、”ゴミ屋敷”なども対象になります。

これらに伴う不動産関係の整理なども行っております。

  • 店舗や物件の整理
  • ゴミ屋敷なども対象
  • 不動産関係の手続きの整理も対応

特殊清掃・ハウスクリーニング

ご遺体の発見が遅れるなどで長らく放置されてしまったことなどによりダメージを受けた室内の原状回復や原状復旧業務のことを”特殊清掃”といいます。
ゴミ屋敷等でも同様に室内にダメージがあり床や壁などに通常つかないような汚れがついたりします。また普通のご家庭における長年清掃できなかった汚れ等の清掃”ハウスクリーニング”も行っております。

 

  • 個人では手に負えない家のダメージの原状回復
  • ゴミ屋敷や、遺品整理後の家など
  • もちろん普通のご家庭のハウスクリーニングも

生前整理・老前整理

死後、遺された方が困らないように自分の持ち物や財産を自主的に片付けることを”生前整理”といいます。
介護施設や老人ホームに入る際などにも利用されます。またこれとは別に自分が元気なうちに物品を整理し身軽になって、その後の人生をよりよく暮らす為に片付けることを”老前整理”といいます。
身の回りに物が増えすぎてしまって、身動きが取りにくくなったなと感じた方が未来を落ち着いて過ごすために利用されます。

  • 遺族が困らない為の"生前整理"
  • 施設に入る時に自分の周りを片付ける
  • 自分の未来をより良くするために"老前整理"